マタニティヨガウェアの選び方は?

近年大人気のマタニティヨガ、最近は病院の産婦人科や産院でも両親学級などと同じように、マタニティヨガの講座を行っているところが増えています。

妊娠中はお腹が出てくるにつれて腰が痛くなったり、血行が悪くなって足がむくんでしまうなどの不調に悩まされる方が多くなります。

ヨガは、そうした体のトラブルの解消にも役立ち、リラックスやストレス解消にもなります。

さらに、ヨガの呼吸法はお産の時の呼吸法とかなり近いので、いきみ逃しや分娩の際の呼吸法の練習にもなるんです。マタニティヨガを始められる方は、ぜひ専用のヨガウェアを用意されることをおすすめします。

妊娠中や産後は体が動かしづらいものなので、妊婦さんや産後のお母さんの体のことを考えたヨガウェアを着ることで、スムーズにヨガを行うことが出来ます。

特にパンツは、動きやすく、かつお腹周りの締め付けのないものを選ぶことが重要です。

パンツのウエストの上にリブ編みの腹巻がついているヨガウェアは、お腹を冷やさない効果もありますので、このタイプを選ぶのがよいでしょう。

Tシャツやタンクトップは、チュニックのような丈が長めのものがいいです。妊娠中はお腹が前にせり出しているので、普通の丈のウェアだとヨガの最中にお腹が出てしまうことがあります。

また、産後もキッズヨガなどをやる予定のある方は、授乳口のついたタイプのトップスもありますので、購入しておくと授乳の時に楽です。マタニティヨガで体をほぐして、快適なマタニティライフを送って下さいね。
イージーヨガもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です