マタニティヨガウェアの選び方

美容や健康を保つためには、運動をすることは重要ですが、それは通常の状態とは異なる妊娠中も同様です。

運動をすることによって、妊娠中のストレスを解消したり、免疫力を向上できる、健康を維持したり、筋力を保つことで安産へとつながります。

そんな妊娠中の運動としては、マタニティヨガが人気となっています。マタニティヨガは、体調が安定する妊娠16週目の安定期に入ってから始めることができます。

体調に合わせて妊娠後期から臨月になっても続けることができます。

そこで気になるのが、ヨガウェアだと思います。マタニティヨガに必要なヨガウェアは特に決まった服装はありませんが、妊娠後期になるとお腹もかなり大きくなっているためお腹を締め付けない、ゆったりとした伸縮性のある服装を選びます。

ヨガはゆっくりした運動ですが、動きやすい服装をすることもポイントです。ヨガウェアの選び方としては、妊娠初期から中期はそれほどお腹が目立っていないため、大きめのサイズのゆったりしたウェアやジャージを着用で問題はないとされています。

ただし、妊娠中はホルモンバランスが通常とは異なり、肌が乾燥したり敏感になりやすくなってしまいます。

そのため肌触りの良いウェアを選ぶことがポイントです。お腹の大きくなるおく気には、マタニティ専用のヨガウェアを販売しているためそれを選びます。産後にも着ることのできるウェアも販売しているため、それを選ぶと長く使うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です